間違えやすい病気 | 他人事じゃない、更年期障害の症状と改善を知ろう

間違えやすい病気

のぼせや冷え

更年期(40~50代)にさしかかり、体に何らかの症状が現れたという場合、更年期障害であることを疑うでしょう。
しかし、更年期障害だからといってそのままに放置しているのは危険です。もしかすると更年期障害に似ているものの、違った病気である可能性があります。一日も早く快適な生活をするためにも自分の症状と病気を一致させましょう。
このページでは、更年期障害に似ていて間違えやすい病気を紹介します。

頭痛

体は寒いのに顔がのぼせるというような症状であれば、高血圧症や心臓疾患の可能性があります
また、体は寒くないのに手足だけが冷えているという場合には、低血圧や貧血の可能性があります。
これらの症状は、更年期障害にもよくみられるので間違えやすいです。どちらの場合にも血流に問題があります。血流は全身の健康に関わってくることなので、十分気をつけるようにしましょう。

しびれやむくみ

頭痛の症状があるという場合には、脳腫瘍やくも膜下出血というような病気の可能性があります。
頭痛には色々な種類がありますが、どのような頭痛でも長く続く、痛みが強いという場合には専門医へ相談をするようにしましょう。
脳の病気は恐ろしく、命に関わるので気をつけましょう。

手足がしびれたような感覚になるという場合には、リウマチや腰椎が変形している可能性があります。
また、手足が浮腫んでいるという場合には心臓や腎臓機能に問題がある可能性が考えられます。そのため、検査を受けておくようにしましょう。

ページのトップへ戻る